シリアル通信をインターネット越しで

★ 遠隔地のPCに接続されたシリアルポートと通信して制御が可能になる。(ダイナミックドメインでインターネットで通信可能な事が解りました)

まずはVSPE(バーチャル シリアルポート エミュレータ)というFreeのアプリをDLする→ VSPE_v0.938.4.846 旧バージョンはここに

32ビットOSは添付のキーを入れればフリーだが、64ビットOSは有料みたい......。(中身は同じでライセンスキーのみ違う)

■ VSPE の設定

1・解凍後インストールして起動した画面

 

2・1個のシリアルポートを複数アプリでしようできるようにスプリットに設定

 

3・現実ポートと仮想ポートを指定する

 

4・通信設定も(XBeeの場合 9600,N,8,1)

 

5・設定終了、開始ボタンで開始する使用するアプリで仮想ポートを指定する(何個でも接続OKになる)
   最小化ボタンをクリックすればタスクトレーで待機してくれる。

 

■ LAN内やインターネット経由で接続するには”サーバー”設定する

1・Create new Device から Device type を TcpServer を選択する

 

2・ソースの仮想シリアルポート、PCのアドレス、Tcpポート番号を入れて通信設定

 

3・設定完了

 

4・スタートボタンでサーバーとして動く

 

■ クライアント用の設定(当然、使用するPCにVSPEをインストールする)
    使用するPCにCOMポートがまったく無くてもOK

1・デバイス作成ボタンから、仮想ポートを作成する

 

2・ポート番号を選んで、完了

 

3・またデバイス作成から、今度は TcpClient を選択する

 

4・ソースCOMポート、接続先アドレスとポート番号を入れて、通信設定

 

5・スタートボタンで接続開始、サーバーが動いていれば通信できる

 

※ 当然ルーターのポート開放や、ファイヤーウオールの設定を適切にしないと通信できない。

設定例(インターネット越えでシリアル通信する)

固定IP不要!ダイナミックドメインで通信できました。
 

受信送信ともに普通に、さも近くのPCにケーブル接続しているように使える

コマンドラインで設定を自動起動
も可能 非表示で起動例                                                      非表示オプション↓                  ↓
 "C:\Program Files\Eterlogic.com\Virtual Serial Ports Emulator\VSPEmulator.exe"  設定ファイルのフルパス -minimize -hide_splash

(注意!: 日本語ファイル名やスペースを含んだパスは使用できないようです)


無料で、また簡単に設定ができる、こんなアプリは作者に感謝しつつ、使わせて頂きましょう。

作者様ありがとう!

工作室へ