スフィンクスの地下に禁断の開かずの部屋が!

◆ スフィンクスの地下に“人類の秘密を握る”2つの隠し
部屋がある!?  
エジプト政府が調査を妨害する
「禁断の考古学」とは!?

古代ミステリー情報サイト「Ancient Code」によると、
スフィンクスの地下には大小2つの部屋とそれに通じる
トンネルが存在し、これらの部屋には古代エジプト文明
の秘密から人類の秘密までが隠されているというのだ。

そもそもスフィンクスはピラミッド以上に謎が多い巨大建造物だ。
誰が、どのように、何のため建造したのかさえ分かっておらず、
建造年代に関しても2500年前~80万年前まで誤差というには
あまりにも大きな幅があり、ややもすれば宇宙人が建造したのでは
ないかとまで言われている。

そして、その秘密が隠されているとされているのがスフィンクスの
地下に存在するとされる2つの部屋だ。

◆ スフィンクスの地下構造はここまで判明しているのに
なぜ発掘調査が行われないのか?

謎が謎を呼ぶ状況に一石を投じたのが、イギリスの作家グラハム・ハンコック氏とブルガリア人の古代エジプト研究者ロバート・ボーヴァル氏だ。彼らによると、なんと、エジプト政府は米考古学者と結託し、スフィンクス周辺とその地下の調査を阻止しているというのだ!

詳細は → http://tocana.jp/2017/09/post_14612_entry.html

早く調査してほしいものですね。

古代エジプトが“宇宙人文明”だった証拠が続々出土

やはりエジプトと異星人は関りがあったのか‼

驚異的な技術力と知識を誇った古代エジプト文明。だが、本当にそれらは独自に獲得されたものだったのだろうか? これに疑問を投げかける新たな証拠が発見された。やはり、古代エジプトには地球外生命体が訪れていたようだ。(記事より抜粋)
その記事のURL:http://tocana.jp/2017/09/post_14361_entry.html

上の象形文字は↓こんな内容らしい
「22の年、冬の3つ目の月、6番目の時、命の家の書記官が炎のように燃えさかる奇妙な円盤が上空を飛んでいるのを発見した。それには頭がなく、その息は不快な臭気を放っていた。(中略)数日後、これまでにないほど多くの円盤が上空にあった。夕食時を過ぎると、それらは南方に向かい、これまでになく高く飛び上がった。すると、空から魚などが降り注いだ」

スフィンクスの背中に着陸したUFOらしき物体がパピルスに描かれている

左下のスフィンクスを部分を拡大
UFOなんでしょうか? 詳しくは記事のURLをクリックして読んでください
私も随分まえから、ピラミッドは異星人が建設して、遺跡になったのを
ファラオが利用したのだと、考えていた。
映画の題材にもピラミッドとUFO、異星人がよく使われますね。

 

火星に墜落した巨大UFOが!

最近 火星が騒がしいです、今までにも色々な不思議物体の情報が有りましたが
今度はなんと130mもの巨大UFOが墜落してるって!

これは火星の周回軌道から調査をしている調査衛星
”マーズ・リコネッサンス・オービター”が、高性能カメラで捉えた画像
画像をクリックすればニュース記事のサイトへ飛びます。
以下は地表を這いずり回って撮影している探査車”キュリオシティ”が撮影した
ちょっと前に公開されたクリーチャーらしき化石?
この画像は色付け処理したものらしい、角があるティラノザウルスみたい
NASAが発表して色々言い繕っているようですが、マニアには夢が膨らむようです