スフィンクスの地下に禁断の開かずの部屋が!

◆ スフィンクスの地下に“人類の秘密を握る”2つの隠し
部屋がある!?  
エジプト政府が調査を妨害する
「禁断の考古学」とは!?

古代ミステリー情報サイト「Ancient Code」によると、
スフィンクスの地下には大小2つの部屋とそれに通じる
トンネルが存在し、これらの部屋には古代エジプト文明
の秘密から人類の秘密までが隠されているというのだ。

そもそもスフィンクスはピラミッド以上に謎が多い巨大建造物だ。
誰が、どのように、何のため建造したのかさえ分かっておらず、
建造年代に関しても2500年前~80万年前まで誤差というには
あまりにも大きな幅があり、ややもすれば宇宙人が建造したのでは
ないかとまで言われている。

そして、その秘密が隠されているとされているのがスフィンクスの
地下に存在するとされる2つの部屋だ。

◆ スフィンクスの地下構造はここまで判明しているのに
なぜ発掘調査が行われないのか?

謎が謎を呼ぶ状況に一石を投じたのが、イギリスの作家グラハム・ハンコック氏とブルガリア人の古代エジプト研究者ロバート・ボーヴァル氏だ。彼らによると、なんと、エジプト政府は米考古学者と結託し、スフィンクス周辺とその地下の調査を阻止しているというのだ!

詳細は → http://tocana.jp/2017/09/post_14612_entry.html

早く調査してほしいものですね。